以前 もっと見る
釜山のテジカルビ通りで食べるじっくり煮込まれたスープ
詳細 クチコミ
(2)
教えて ブログレビュー
(2)
···

釜田食堂

テジクッパ通りへ。テジクッパとは豚骨をじっくり煮込んだスープに、ご飯とゆで豚を入れたクッパ。
朝鮮半島の北側(現北朝鮮)で食べられていた料理で、1950年に朝鮮戦争が起り、その時の戦争で釜山へと避難してきた北側の人たちが伝え、牛肉などが不足していた時に牛の代用として豚骨をなが~く煮込んで作ったものとのこと。この通りのお店の前には豚骨スープの大釜が並んでいて、その釜の中には豚骨スープがぐつぐつ。今回はこの通りのお店の中から、豚の看板が可愛かった『釜田食堂(プジョンシッタン)』へ。
とりあえずテジクッパを2個注文すると、キムチ等がテーブルにセットされます。ここでも生の玉ねぎが出たので、辛味噌をつけて食べると甘くて美味しい!青唐辛子も当りじゃなかったので私でも普通に食べられました。茹で豚はたっぷり入っていますが、ものすごくアッサリしてて味はほとんどついていません。テーブルにセットしてある塩やサービスのアミの塩辛などで私好みに味を調節します。豚骨特有の臭みはあまり感じなくて美味しく頂けました。

オススメメニュー

デジクッパ・・・5000w

スンデクッパ・・・5000w

タロクッパ・・・5500w

テジスユ・・・12000w

基本情報
  • 釜田食堂の住所情報釜山市釜山鎮区釜田2洞255-13
  • 釜田食堂の電話情報051-803-2698電話を掛ける
  • 釜田食堂の営業時間情報営業時間:24時間
  • 釜田食堂の定休日情報定休日:年中無休
  • 釜田食堂の日本語情報日本語:不可
  • 釜田食堂のカード情報カード:可
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

釜田食堂のタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ