以前 もっと見る
毎年永遠に自分のものになる!?1年のうち1週間を買い取るプログラム
詳細 クチコミ 教えて 写真・動画 ···

ヒルトン・タイムシェアプログラム

朝8時からヒルトンのタイムシェアの説明会。この説明会に参加すると、100ドルのDFS商品券がもらえるという誘惑に負けて参加。説明会に参加する人は、ホテルまでタクシーが迎えに来てくれる。
ヒルトンのタイムシェアとは、ヒルトンハワイアンビレッジ内に現在建築中のグランドワイキキアン(コンドミニアム)を1年のうち1週間を買い取るというシステム。これが毎年、永遠に自分のものになる。
説明会を聞くまでは、1年のうち1週間だけしか泊まれないのにいくら一生といっても何百万も払うなんてもったいないと思った。だったら、別荘を買ったほうが良い。でも、タイムシェアは考えてたよりもっとすごい。
ヒルトンに到着すると、グランドバケーションの説明会場に通され、ひと家族に一人の担当の人がついてくれた。周りは子供連ればかり。まずは、ホテル内を見学。ヒルトンの歴史や年に数回海外へいくと、この先いくらくらいのお金が必要かなどのシュミレーションをしてくれたり。この説明をしてくれる人が、とっても上手でマインドコントロール炸裂。実際にお部屋なんか見ちゃったらもう欲しい。旅行中、お料理なんてしないのにキッチンがあったほうが便利。子供が出来たら、やっぱり広い方が良い、なんて妄想は止まらない。お風呂も大きい。お部屋からの景色だって、海が目の前。お財布のことも忘れて、この部屋のオーナー気分。
さてさてここからが、お値段のこと。1LDK32900ドル~/3LDK71900ドルまで。2LDKプラス(オーシャンビュー)67400ドル。 日本円で800万円ちょっと。そしてこの部屋ごとにポイントがあって、たとえば2LDKプレミアのお部屋を購入した場合、1年で14400ポイントが使える。1年の1週間2LDKのお部屋に宿泊した場合、14400ポイントが必要。でも、2週間もしくは、年に1週間の滞在を2回したい場合は来年のポイントを使う事が可能。二人で旅行に行く場合は、2LDKのお部屋なんて必要ない!っていう場合は1LDKの7200ポイントのお部屋を借りることも可能。そうなると7200ポイントが余るので、来年に持ち越したり、日本で使ったりすることも可能。日本で使う場合は、ヒルトン・コンラッド・ハーベストグループなどが使用可能。1泊に必要なポイントは、1000ポイント~2000ポイント。そして、ハワイだけじゃなく世界各国のヒルトンのホテルに、このポイントを使って宿泊可能。それが一生。ハワイのヒルトンは、1泊で安くても3万円~。7泊したら21万円。あと20年、毎年ハワイに行くとしたらそれだけで400万はかかっちゃう。2LDKのお部屋なんて泊まったら、1泊数十万円だそう。担当のお姉さん曰く、すぐにモトが取れるとのこと。沢山旅行に行きたい人は、やっぱり高いお部屋を購入したほうが断然お得。(ポイントが多いから)分割もOKとのこと。
この説明会に参加した3人のうち1人は、ここの場で契約していく。かなりタイムシェアって魅力を感じる。興味のある人は、ハワイに行ったら参加を。商品券も、もらえるし説明会の時間は2時間くらいあってDFSの商品券を貰う場合は、DFSの4階の窓口で受付。



カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

ヒルトン・タイムシェアプログラムのタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ