ソウル

地域変更

こりあらーむ

5月9日大統領選挙の日

2017.03.15

朴槿恵(パク・クネ)前大統領の罷免から5日が経過した今日15日、政府ソウル庁舎にて臨時国務会議が開かれ、2017年5月9日が19代大統領選挙の日として最終的に確定されました。

 

また、この日は選挙人の投票参加の便宜を図り、臨時公休日と指定されました。

 

政府によると、韓国の憲法と公職選挙法で、「大統領が欠位した場合60日以内に後任者を選挙しなくてはならず、選挙日は遅くても選挙日50日前までに公告しなくてはならない」と規定されているため、欠位から60日目となる5月9日が選挙日として定められたとのこと。

 

これによって、19代大統領選挙は5月9日午前6時から午後8時まで行われます。

韓国のゴールデンウィーク期間延長、渡韓者にも影響あり?

韓国の5月の公休日は、5月3日(水)釈迦生誕日と5月5(金)子どもの日に、5月9日大統領選挙の臨時公休日が新たに加わり、中間の5月4日(木)と5月8日(月)の平日を有給休暇を利用して休むと、最大で7日間の連休が可能です。

 

ゴールデンウィーク期間が長くなったことで、韓国人の国内外の大移動が予想されるため、ゴールデンウィーク期間に韓国旅行を予定されている方は、あらかじめ空港や道路の混雑を予想して、スケジュールを立てられることをお勧めいたします。

記事最終修正日時
2017.03.15 18:31

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ