韓国

地域変更

こりあらーむ

第2ターミナルにもカプセルホテルOPEN

2018.01.26

写真元:ウォーカーヒル公式Facebook ページ

 

1月18日に本格オープンした仁川空港第2ターミナル。
第2ターミナルにもウォーカーヒルのプレミアム・一般ラウンジをはじめ、トランジットホテル、カプセルホテルがオープンしました。
 
まず、第2ターミナルの中心部にはプレミアムラウンジ「MATINA GOLD」がオープン。
300坪の室内に142席が置かれ、名前のとおりゴールドインテリアをあしらい、安らぎと高級感あふれるラウンジとなっています。食事は基本ビュッフェ形式ですが、シェフによるライブヌードルコーナーもあります。
 
一般ラウンジのMATINAは、搭乗客がゆったりとくつろげるように工夫され、家族単位の利用客のためキッズゾーンも備わっています。また、食事をせず休息だけを求める利用客を配慮したライブラリーゾーン、ラウンジの一番奥のプライベートゾーンでは座席がパーティションで分離され、周囲を気にせず一人でゆっくり食事を楽しめるバー空間もあります。
 
ターミナル内部には、全50室のトランジットホテルがあり、飛行機での疲れをゆっくり休める事が出来ます。
客室にはビッグサイズのベッドが備わり、トランジットホテルのロビー「エアカフェ」では様々な図書を自由に閲覧できます。

韓国初のカプセルホテル「ダラクヒュー」第2ターミナルにオープン

仁川空港第1ターミナルに昨年1月オープンした韓国初のカプセルホテル「ダラクヒュー」が第2ターミナルにもオープン。ダラクヒューは全60室を保有しており、伝統韓屋の特徴を客室デザインに取り入れ、韓国特有の雰囲気を感じる事が出来ます。
第1ターミナルのダラクヒュー同様、グッドスリープ、合理的な価格、keyless loT機能を備え、新しいタイプの客室を加え、よりグレードアップしたサービスを体験できます。
 

トランジット、または早朝便・深夜便をご利用の方は、仁川空港のラウンジ、ホテルを利用して、より快適な空の旅をお楽しみください。

記事最終修正日時
2018.01.26 16:35

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

トップへ