ソウル

地域変更

こりあらーむ

水原の華城行宮で韓薬体験!

2018.06.08

写真元:水原市ホームページ

 

水原市の華城行宮にて、6月10日、24日に無料の韓医薬体験プログラム「華城行宮で咲く韓方の気」というイベントが開かれます。
 
水原市八達区保健所と水原市韓医師会が主催する本イベントは、韓国伝統の韓医薬の素晴らしさを伝え、特別な韓医薬体験を提供するために2011年から毎年5~6回の頻度でここ華城行宮にて行われており、無料の韓方診療、薬袋作り、韓薬材の展示と説明、韓薬茶の試飲が体験できます。
 
韓方診療のコーナーでは、水原市韓医師会所属韓医師が直接、診脈による体質判断、鍼治療を行ってくれます。また、血液循環剤、関節痛薬、風邪薬、消化剤など粉タイプの韓薬を1日分処方してもらえます。
 
薬袋作りコーナーでは、袋の中に薄荷、肉桂、川芎などの薬材を詰めて薬袋を作る体験が出来ます。薬袋には心身安定を促す健康芳香剤の役割を持ち、持ち帰って自宅に飾って置くことが出来ます。
 
韓薬剤の展示コーナーでは、桂皮、甘草、紫蘇、川芎、クチナシ、桔梗など20種類以上の韓薬材の説明を聞ける上、体質に合わせて五味子茶、桂皮茶などの韓方茶を試飲できるコーナーもあります。
 
イベントは6月10日、24日の午後1時30分から4時30分まで、華城行宮の正門「新豊楼」を抜けて右側にある建物「執事庁」にて行われ、誰でも無料で参加できます。
 
華城行宮の韓医薬体験イベントは10月にも2度ほど開かれる予定とのこと。
 
華城行宮は、地下鉄1号線「水原」駅から車で約12分の場所に位置。
韓医薬に興味のある方は、参加してみてはいかがでしょうか?

記事最終修正日時
2018.06.08 14:43

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

トップへ