以前 もっと見る
台湾初の6つ星ホテル
詳細 クチコミ
(3)
教えて ブログレビュー
(3)
···

君品酒店(パレ・デ・シン)@台北

今回の台湾で宿泊したホテルは、台湾初の6つ星ホテル君品酒店(パレ・デ・シン)結局、6つ星かどうか?が気になるところ。これには、世界基準があるわけではないので、あとは宿泊したゲストがどのように感じたかどうか?ですよね。

 

入口は、こじんまりとしています。隣にショッピングモール(日本で言うと、丸ビルやヒルズのような複合施設)があり、さらに駅と隣接しているのでとても便利です。また、淡水、烏來などちょっとした郊外へ行きたい時は、ここが出発点となっている場所ですので、アクセス的にも抜群です。東京駅みたいな感じですね。

 

一階のエントランスには、馬とシャンデリアが。この辺りがヨーロッパ風です。特にイギリスのホテルには、馬関連のインテリアがとっても多いですよね!

 

フロント前は、光やガラスが効果的に使われていて、とても美しいです。フロントは、朝食会場、ティーラウンジと同じ6階にあります。

 

私は、廊下が大好きなので、色々なホテルを比べていますが、こちらの廊下は、高級感があってとっても素敵でした。絨毯がふっかふかでしたよ。

 

プールは、ホテル内にはなく、お隣の施設に行かなければなりません。もちろん、ゲストは無料で使用できますが、スパがないため、今回は利用しませんでした。スパがホテル内にないのは、本当に残念です・・・

 

ティーラウンジには、マリアージュフレールのお茶が揃っているそうです。このあたりは、台湾っぽいですね。ラウンジの飲み物は、だいたい250元~(750円)位からでした。日本に比べると、やはりお安いですよね。

基本情報
  • 君品酒店(パレ デ シン)のチェックイン/アウト情報チェックイン/アウト:14:00 / 12:00
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

君品酒店(パレ デ シン)のタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ