以前 もっと見る
大正時代の開業時の姿に生まれ変わった「東京駅 丸の内駅舎」
詳細 クチコミ
(2)
教えて ブログレビュー
(4)
···

生まれ変わった<a class=東京駅" id="userImg_427838" onclick="popview(this)" src="http://img.ntcdn.net/data/2012/10/30/20/170x170_1351594848508fb36077a67.JPG" style="border-bottom: #e5e5e5 1px solid; border-left: #e5e5e5 1px solid; padding-bottom: 5px; margin: 0px 20px 12px 0px; padding-left: 5px; padding-right: 5px; float: left; border-top: #e5e5e5 1px solid; cursor: pointer; border-right: #e5e5e5 1px solid; padding-top: 5px" />

東京駅丸の内駅舎保存復元」 2012年10月完成。

 

1914年(大正3年)、首都の玄関として建設されて以来、歴史と風格が感じられる

丸の内地区の中心的存在として親しまれてきた赤レンガ駅舎。

 

戦災で失われた3階部分の外壁を復元するため、

戦後2階部分に移されていたイオニア式の柱頭を当初の3階部分に移設。

花崗岩の柱頭飾りや、銅の高欄部分はモックアップを用いて

ディテールや施工方法を検証し、創建当時の意匠が復元されました。

 

  屋根の一部には、東日本大震災で大きな被害が出た宮城県石巻市雄勝町産の

天然スレートが使われました。

基本情報
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

東京駅のタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ