韓国

地域変更
以前 もっと見る
夏だけじゃない!冬も食べたくなる冷麺
詳細 クチコミ
(4)
ブログレビュー
(18)
写真・動画

焼肉の後や、マンドゥと一緒に食べたくなる冷麺

韓国特有の金属の器に高く盛られた冷麺の麺は、製麺機から押し出したままの長い状態で器に盛られています。

そのため、調理用鋏で食べやすい長さに切って、好みによりキムチや調味料などを加え、よく混ぜてから食べます。

朝鮮半島の食文化では食器を手に持って食べることはマナー違反になってしまうといわれていますが、ムルネンミョンに限っては食べにくいからか、スープを飲むときお皿を持って口をつけても大丈夫。

本来は寒いに暖かいオンドル部屋の中で食べる料理だったそうですが、最近は食堂は夏限定、冷麺専門店では冬にも普通に食べられる。

地方によっては、緑茶や薬草など、さまざまな材料を練り込んだ冷麺を出す店もある。

冷麺専門店では、焼いた肉がサービスでついてくることが多い。

カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

冷麺のタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ