ユートラベルノート マレーシア マレーシア

マレーシア

地域変更
以前 もっと見る
建物の内部が十字になっているアーケード
詳細 クチコミ 教えて ブログレビュー
(1)
···

ウンベルト1世のガッレリア1887年から1890年にかけてスラム街跡地に建てられた「ウンベルト1世のガッレリア」。建物の内部が十字となっているアーケードだ。ミラノの「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」を模したものだそうだが、それより少し規模は小さい。アーケード内部のガラス張りの天井は高さ58mにもなり、床の大理石もモザイク画となっており、豪華で美しい建物だ。1912年までは、「ウンベルト1世のガッレリア」内にある有名なカフェに芸術家や音楽家が集まっていたそうだ。芸術家たちが惹きつけられるのも納得の、煌めきがある場所である。

壮麗な内部は天井を見上げたり、床を眺めたり、中に入っているショップも良いけど建物自体で十分魅了される「ウンベルト1世のガッレリア」。ちなみにウンベルト1世とは、イタリア王国2代目の王で、王妃はピザにも名前が付いてるあのマルガリータである。

基本情報
  • ウンベルト1世のガッレリアの定休日情報定休日:無休
  • ウンベルト1世のガッレリアの日本語情報日本語:不可
  • ウンベルト1世のガッレリアのカード情報カード:可
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

ウンベルト1世のガッレリアのタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ