地域変更
以前 もっと見る
ソウル5大古宮のひとつである昌慶宮
詳細 クチコミ
(4)
教えて
(1)
ブログレビュー
(13)
···

昌慶宮

この宮殿は1418年に第4代国王の世宗が即位した時、先の王だった父・太宗のために建てた宮殿。初めは寿康宮と呼ばれ、父の長寿と健やかな日々を願ったことが宮殿の名前からうかがえます。
その後、徐々に建物が増やされましたが、文禄・慶長の役で焼失。1616年に第15代国王の光海君によって再建されました。
弘化門(ホンファムン)や正殿の明政殿(ミョンジョンジョン)は、再建当時のままの姿を伝え、明政殿(ミョンジョンジョン)はソウルに現存する宮殿建築の中では最古のもので、国宝に指定されています。

 

 

役立つ情報

 

※ 実は、この日に訪れた『昌徳宮』の日本語ガイドツアーで古宮について様々なことを聞きました。最初にここを訪れてから他の古宮を訪れることをお勧めしたいですね。
中央にある橋は王様に会うために川に写る自分の姿を見て心身を清めなさいということだそうです。そして、道は両脇よりも中央が少し高くなっています。中央は王様だけに許された赤いカーペットのような場所のようです。少しでも足を踏み入れると・・・危険!
左右に小さな石が立っていますが、左が文官・右が武官の位が彫ってあります。そうです、文官・武官を合わせて両班なのですよね。

 

 

楽しみ方

★入場料

・個人―大人(19歳以上) 1,000ウォン

青年(満7~18歳) 500ウォン

 

※2011年2月3日のみ入場者全員、観覧無料。(ガイド解説なし)

※2011年2月2日と4日に韓服を着た方は観覧無料。

基本情報
  • 昌慶宮の住所情報ソウル市 鍾路区(チョンノグ) 臥龍洞(ワリョンドン)2−1
  • 昌慶宮の電話情報02-762-4868〜9電話を掛ける
  • 昌慶宮の定休日情報定休日:月曜
  • 昌慶宮の日本語情報日本語:不可
  • 昌慶宮のホームページ情報http://cgg.cha.go.kr/
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

昌慶宮のタグ

記事最終修正日時
2015.05.14 16:10

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ