以前 もっと見る
釜山の誇る市場
詳細 クチコミ
(12)
教えて ブログレビュー
(43)
···

国際市場がその姿を現したのは1945年の韓国独立の時だと言われています。その当時、この地に居た日本人が立ち去る際に戦時統制物資を売り始め、その当 時はただの空き地であった場所に自然発生的に常設市場が生まれたんだそうです。その後、1950年の朝鮮戦争以後、北部からの避難民が商売を始め、市場と しての形が形成され、大きくなったと言われています。

約1,500店舗からなる広大な市場で、その広大さは日本の商店街では比較する事ができないほどの巨大さでここには無いものはない、という圧倒的なバラエティに富んでいます。言葉は通じなくても電卓と気合で乗り切れるものです。国際市場のビルの中は、たくさんの小さなお店が入っています。外の市場だけでなく、ビルの中のお店を見て回るのも楽しいかもしれません。

昔の問屋街やアメ横を思い出させるようなどこか懐かしい風景。服、靴、鞄、日用雑貨品と何でも、めちゃめちゃ安いです。それにブランドのイミテーションの品物も多いです。しかも、値切りたい放題で、日本語喋れる人だらけなので、日本人も何不自由なく買い物が楽しめます。スリが多いと聞いたので注意が必要かも。


 

 

 

 

 

役立つ情報

 

・店にプライスを聞いて、最初に返ってくる答えから安くなりますので、値段交渉をしてください。場合によってはものすごく下がります。最初の値段がぼったくりなのかもしれませんが・・・

 

 

基本情報
  • 国際市場の営業時間情報営業時間:店によるが19:00ごろまで
  • 国際市場の定休日情報定休日:店により異なる
  • 国際市場の日本語情報日本語:可
  • 国際市場のカード情報カード:可
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

国際市場のタグ

記事最終修正日時
2015.11.28 10:48

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ