以前 もっと見る
東洋でも最大級の魚市場で毎日新鮮な魚が水揚げされてますヨ!!
詳細 クチコミ
(12)
教えて ブログレビュー
(40)
···

チャガルチ市場

釜山、南浦洞にある韓国最大級の海産市場。海岸部の埋め立て地に1970年に3階建てビルが建設され、露店が市場として整備された。2006年8月、地下2階・地上7階の現在のビルに改築。1階で買ったお魚を2階の食堂で食べさせてくれる。韓国の太刀魚はとっても長くて、あわびも大きい。龍頭山・釜山タワーから歩いて数分の所、狭い路地を挟んで海産物や果物などを商っている店が立ち並んでいるチャガルチ市場に来た。東洋でも最大級の魚市場とかで、毎日多くの魚が水揚げされているという。生きたヒラメやカニ、たこが所狭しと並べられて居る。中には淡水魚のドジョウまで並べられている。片言の日本語で盛んに話しかけてくる。ここで、魚を買って、2階に持っていけば調理してくれるのだという。同じ様な小さな店がずらっと並んでいる。床はコンクリートで水浸しの状態だが東南アジアの他の国の市場に比べたら格段に清潔感がある。匂いもそんなに気にならない。恐らく日本では、これだけの規模の魚市場は無いだろうという広大な規模にお魚をずらっと、並べて販売している様は正に壮観!それだけ膨大な水揚げ量がここ釜山ではあるのだろうな、と感心してしまう。ここの市場では、朝が早い事もあって、お買い物をする事は無いが、ここでは商売をする韓国の人の熱心な姿、又はのんびりと商売をする韓国のおじいちゃん、おばあちゃんの姿が印象的でとても貴重な時間が過ごせる。ツアーでは必ずと言っていいほど、観光地として入っているところ。露天が、連なり特に目を引くのが、道にはみ出した太刀魚のシッポやたこやいかのアシ!日本じゃあり得ない!!だけど、韓国じゃ普通だとか。建物の中では、売っている海産物をその場で調理して食べることができる。有明海ではなかなか採れなくなってしまった、タイラギ貝もたくさんある。

ちなみに、チャガルチ市場は、朝鮮戦争の後、戦争で夫を亡くした女性達や避難民が南浦洞(ナンポドン)の路上で魚を売ったのがその始まりだそう。そして、チャガルチ市場で威勢がいいのはアジメたち。アジメとは、慶尚道(キョンサンド)の方言でアジュンマ(おばさん)のこと。露店の多くは、鮮魚販売だけでなく、その場で食べさせる飲食店形式の店も多いので、呼び込みや引き込みにも力が入る。チャガルチアジメたちは、語尾が上がる釜山特有の方言で威勢よく、たくましく、元気いっぱい。もっとも、釜山らしい人とも形容されるアジメたちも市場の名物。 

オススメ商品

・チャガルチで刺身。

まだ建設中だったチャガルチ市場のビルで、まだ3階とか4階は工事中の中、1階の魚店と2階の座敷や乾物はやっているので、1階の適当なお店で魚を選んで、2階の提携座敷で刺身を頂くことに。選んだのはヒラメとタコとイカとアワビ×2。


 

 

 

 

 

 

 

①まずはテナガダコのぶつ切り。まだ動いているどころか、吸盤攻撃を仕掛けて来るくらいに新鮮だ。

②アワビは、かなりコリコリした食感なので、噛みしめてじっくり味わう。

③かなりの量があるヒラメ。わさび醤油でいただく他、サンチュにくるんで食べてみたり、コチュジャン使ってみたり最後のメウンタンでしゃぶしゃぶしてみたりと、色々と試してみる。刺身をこれだけ食べられて幸せ。

④最後はメウンタン。程よい辛さにアラからのいい味が加わって、マシッソヨ。

これで魚代50000ウォン+座敷代(酒代込)20000ウォン。タコやヒラメの舞い踊りをたらふく食って満足。

・やっぱり焼津さかなセンターとは違う

・そしてこんな魚?もミミズのメタボくん状態で不気味だが、外の市場でもたくさんお目にかかる。、ムシと言うそうで、「海ミミズ」という軟体動物の一種。釜山辺りでは精力がつくと常食されるそう。これを、縦に割いて中の腸(わた)を除き、生のまま口にくわえてそのまま食べるそう。コリコリして美味しいらしいけど食べる勇気はあまりない。

基本情報
  • チャガルチ市場の住所情報釜山市 中区(チュング) 南浦洞4街(ナンポドンサーガ) 37-1
  • チャガルチ市場の電話情報051-245-2594~5電話を掛ける
  • チャガルチ市場の営業時間情報営業時間:卸売り 1:00-10:00、小売り(一般) 7:00-21:00
  • チャガルチ市場の定休日情報定休日:旧正月(2日)、秋夕(2日)
  • チャガルチ市場の日本語情報日本語:可
  • チャガルチ市場のカード情報カード:可
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

チャガルチ市場のタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ