以前 もっと見る
食事や買い物にも困らない立地と無料シャトルバスが便利なホテル
詳細 クチコミ
(1)
教えて
(1)
ブログレビュー
(10)
···

W香港

スターウッド・ホテル&リゾートのブランドのひとつであるWホテルはアメリカを中心に展開するホテルチェーン。Wホテルという名前の由来はWhatever/Wheneve(お望みの物を/お望みの時に)という経営理念からきてるらしく、ホテルの至るところに「W」の文字が見られる。
ホテルは地下鉄MTRの九龍駅に直結している。香港国際空港からエアポートエクスプレスで約25分と比較的便利。エレメンツという巨大なショッピングモールにも繋がっていて、食事や買い物にも困らない。尖沙咀に出る場合は、ホテルの無料バスが尖沙咀のシェラトンホテルまで出ている。
ホテルのインテリア・デザインは、オーストラリアのクリエーター集団「g+a」と、日本の森田恭通氏が代表を務めるデザインオフィス「グラマラス」が担当。他の高級ホテルでは見られない若者ウケしそうなクールでポップなデザインが斬新。
全面ガラス張りの大きな窓には無数の小枝がぶら下がっている。ロビーはシックな書斎風のデザインで、アクセントとして鮮やかな色のチェアが置かれている。フロントはコンパクト。後ろの壁には花火のような模様が映し出されていてとてもきれい。
デスクとテレビはモダンなデザインでカッコいい。真ん中の鏡を横にずらすとテレビが現れる。スピーカーがベッドの上にも付いていているので、i podやDVDを繋げばかなり迫力のある音響が楽しめる。

よく見ると、部屋のインテリアには至る所に蝶々のデザインがあっておしゃれ。バスルームはそれほど広くない。バスタブの横の壁に付いているテレビはベッドルームのテレビとは連動していないので、2箇所で別の番組を見ることができるが、バスルームのテレビではDVDは見ることができない。
プールは世界一高いところにある屋外プールなんだとか。BLISSスパは72階、SWEATフィットネスセンターは73階、WETスイミングプールは76階と超高層階。フィットネスセンターの窓は香港島の方角に向いているものの、眼の前には超高層ビルが建っているので、香港島は残念ながら一部しか見ることができない。

基本情報
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

W香港のタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ