ユートラベルノート オーストラリア オーストラリア

オーストラリア

地域変更
美しい池もあり、人も水鳥たちも一緒に寛いでいる風景
詳細 クチコミ 教えて ブログレビュー
(1)
···

メルボルンは公園の都、ガーデンシティーメルボルンへ着いたら、まず、公園で一休みまずは、ごく一般的な説明をしておきます。「世界で最も住みよい街」に選ばれたこともあるメルボルンは別名「ガーデンシティ」とも呼ばれているそうです。街の4分の1を緑溢れる公園が占めており、その数は450以上といわれています。車窓からも確認しました。私たちは、朝早くメルボルン空港に到着しました。そして朝食を空港で済ませてから、スカイバスでメルボルンの中央にある、サザンクロス駅まで移動しました。その間、スカイバスの車窓から眺めていると、あちらこちらに大きな公園があることがわかりました。それらの公園は、どこも広大で、きれいな芝生のあちこちに大きな木が繁り、その間を鳥たち飛び交っていました。非常に手入れが行き届いるようすでした。バスに乗っているだけで公園の都と言われる理由が理解できました。
お昼のお弁当を買って、フィッツロイ公園へ。メルボルンはテイクアウエイ(日本・米国ではテイクアウト)の慣習がどこの国よりも定着しており、オフィスに勤めている人たちが、老若男女を問わず、お昼には公園で食べている人が多いと、知り合いから聞いていました。そこで、お弁当を買おうと思って、メルボルン市内一番のオフィス&繁華街である、スワンストンストリートへ行ってみました。お持ち帰りができるレストランがあるわあるわ。来たばかりでどこが良いのか悪いのか、分かるはずがありません。そこで、山ほどあるといっても過言ではないお寿司のお店の一つに、たまたま入ってみたところ、買っていたローカル紳士がここは美味しいよ、と教えてくれました。早速お持ち帰り用のお寿司を買って公園で食べることにしました。フィッツロイ公園の手前にある、トレジャリーガーデン。オフィスに近い公園では、お昼休みともなると大賑わい。お弁当を食べた後、思い思いに寛いでいる。美しい池もあり、人も水鳥たちも一緒に寛いでいる風景がそこにはある。メルボルンの鳥は人を恐れず、人と共に生活している。お昼休みが終われば人はまばら。メルボルンの公園には、あらゆる意味でのゆとりが感じられました。

基本情報
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

トレジャリーガーデンのタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ