ユートラベルノート 中国 中国

中国

地域変更
出入国の流れ
詳細 カキコミ
(1)
写真・動画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■中国への入国

*入国時の流れ

入国カード記入

機内で配られる出入国カード内の必要記入箇所にローマ字で記入。

(出国カード) ※帰国時に提出

①姓②名③パスポート番号④生年月日⑤性別⑥出国時乗り物便名(フライトナンバー)⑦国籍⑧サイン(パスポートと同様に)

(入国カード)

⑨姓⑩名⑪国籍⑫パスポート番号⑬中国国内での滞在先(ホテルなど)⑭性別⑮生年月日⑯入国の目的(観光の場合はSightseeing/in leisureにチェック)⑰ビザ番号、発給地(ビザを取得している方のみ)⑱入国時乗り物便名(フライトナンバー)⑲サイン(パスポートと同様に)

 

※中国国内でも省や地域によっては、出国カードがついていない場合があるので、入国カードしかない場合には

中国を出国する際に取得し、その場で記入することになる。

 

入国審査

イミグレーションで外国人カウンターに並び、審査を受け、パスポートにスタンプを押してもらう。

 

荷物受け取り

入国審査を終えたら、荷物を受け取るベルト番号を到着便の案内電光掲示板でチェックする。

ベルト番号を確認したら、自分の荷物が流れてくるのを待ち、別の人の荷物と間違えないように気をつける事。

 

税関申告

タバコや高価なものを持ち込む際は、きちんと税関申告をしなければならない。

税関申告する必要がない場合は、緑色の表示に従い出口へ向かう。

抜き打ち検査もたまにあり、持ち込み禁止製品を所持している場合には没収されることもある。

(陸路で入国の場合には特に多い。)

 

到着ロビー

ゲートを出ると到着ロビーに出る。

 

 

■中国からの出国

*出国の流れ

搭乗手続き(航空機利用の場合)

出発便の案内電光掲示板で、搭乗手続きカウンター番号をチェックし、カウンターへ、このときに荷物も預ける。

出発2時間前でには、手続きカウンターに来るようにする事。

 

手荷物検査

出国ゲートから入り、機内持ち込みの荷物検査とボディーチェック、携帯やポケットの中身も別にチェックする。

場合によっては、混む時もあるので、搭乗する時間まで余裕を持って入る事をお勧め。

 

出国審査

手荷物検査を終えたら、出国審査にてパスポートと出国カードを提出する。

パスポートのカバーは外しておくこと、帽子、サングラスも外しておく事。

 

搭乗

出国審査を終え時間が来るまで、ショッピングや休憩。搭乗時間の30分前に搭乗ゲートまで来る事。

カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

出入国の流れのタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ