ユートラベルノート 中国 中国

中国

地域変更
以前 もっと見る
数奇な歴史を辿った南京の主要観光スポット
詳細 クチコミ 教えて ブログレビュー
(1)
···

南京総統府は、南京ならではの数奇な歴史を辿った史跡である。

 

もともとは明初の皇族の庭園だったのだが、後に清代の地方行政政府となった。

そして辛亥革命後に孫文(孫中山)により総統府が置かれた。

また、幾度の戦いを経て、蒋介石が再び国民党の看板を掲げ、

ここを「総統府」とした。しかしその「総統府」も1年とはもたなかった。

 

現在、総統府は重要な歴史的文化遺産として保護され、

内部は博物館となっている。

孫文や蒋介石の執務室や会議室、中華民国の資料陳列館など、

また南京に現存する2つの古典園林の一つ煦園など見所は多い。

 

総統府は、南京城内では「夫子廟」と並ぶ主要観光スポットだ。

基本情報
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

南京旧総統府のタグ

記事最終修正日時
2014.03.17 11:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ