韓国

地域変更
以前 もっと見る
韓国のコンセントはでかい!
詳細 カキコミ
(7)
教えて
(2)
ブログレビュー
(2)
···

海外旅行で困るのは、日本の電化製品をそのまま使えないこと・・・。

 

なぜなら国ごとに電圧やコンセントの形状が違うからです。

 

日本の電圧は110Vであるのに対し、韓国の電圧は220V。

 

またプラグの形状も異なり、写真を見ての通り、日本のに比べ丸っこくでかい。

 

日本のコンセントはAタイプというもの。

それに比べ、韓国のコンセントの種類にはCタイプとSEタイプがあり、差し込むところの太さがそれぞれ違います。

 

機器本体や電源の表示を見てみてください。

入力(INPUT)100-240と書いてあれば世界対応です。

 

ノートパソコンやスマートフォンなどはこの例が多く、この場合は変圧器は要りません。

ホテルでレンタルできる変圧器(リオ観光ホテル)

ホテルでレンタルできる変圧器

リオ観光ホテル

 

プラグの先だけ替えればいいので、変換プラグを購入し、利用しましょう。

 

空港で800円程度で買えます。

 

最近できてきた韓国のホテルでは日本と同じ110Vのコンセントが設置されている所もあります。

旅行の必需品・スマートフォンの充電などで、変換プラグが必要ないので便利ですね。

 

110V以外ダメな製品に関しては変圧器を必ず使いましょう!

でないと故障の原因になります。

 

また、電化製品の消費電力(W)が高すぎても使えない場合があります。

 

海外で使いたい電化製品(カメラの充電器やドライヤー)の消費電力(W)を調べてみて、

変圧器の容量内に収まっているか調べておく必要があります。

 

旅行に持っていけるようなコンパクトな変圧器もありますが、

ドライヤーや、コテ(ヘアアイロン)などは、基本、ワット数が高くないと使えない製品たちで、

容量のでかい変圧器で無いと使えなかったりします。

 

重たい変圧器を旅行に持っていくのは困難ですよね。

そういう場合は、ホテルで変圧器をレンタルしてくれるところがありますので、事前に確認し、レンタルしてもらえるホテルを選びましょう。

 

結論として、電化製品の故障などを免れる一番良い方法は、

世界対応の電化製品ではない日本でのみ使えるような電化製品は持っていかないことです!

カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

韓国・コンセントのタグ

記事最終修正日時
2015.07.27 15:45

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ