ユートラベルノート 韓国 韓国

韓国

地域変更
以前 もっと見る
意外にも食べやすい韓国のどじょう鍋
詳細 カキコミ ブログレビュー
(5)
写真・動画

チュオタンとはどじょう鍋(スープ)のことを言います。チュオが「どじょう」でタンが「スープ」を指します。日本ではなかなかどじょうのスープは珍しいですが、韓国では一般的な食べ物で、街中の食堂でも簡単に食べることができます。このチュオタンは地域によって料理の仕方が違っていて、南部の方ではどじょうを丸ごとすりつぶして野菜などとともに煮込みますが、ソウルの方ではどじょうがまるごとそのまま煮込んで食べます。南部のチュオタンは比較的辛さは控えめですが、ソウルチュオタンは唐辛子がたっぷり入った辛めの味付けになっています。どじょうと聞くと、臭いがあり食べにくそうなイメージですが、韓国チュオタンはクセがほとんどなく食べやすくなっています。また栄養価も高いため、スタミナ料理や二日酔いの日に食べるスープとして人気があります。

カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

チュオタンのタグ

記事最終修正日時
2015.06.02 17:00

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ