韓国

地域変更
以前 もっと見る
コプチャン、テッチャン、レバ刺し、マクチャンなどホルモン好きは要チェック!!
詳細 カキコミ ブログレビュー
(10)
写真・動画

韓国の焼肉料理のひとつとして知られるホルモン

日本では焼肉店で提供されることが多いですが、韓国ではホルモン専門店で食べられることが多いです。ホルモンはスタミナ料理として知られていますが、実は赤身の肉よりもヘルシーでカロリーが低く栄養豊富!コラーゲンもたっぷりで女性にも嬉しい食べ物です。部位によって食感も違い、ぷりぷりのテッチャンや、コリコリのセンマイなど種類も豊富です。また、日本で販売禁止されているレバ刺しも韓国では頂くことができます。ただし、お店選びは慎重に!自己判断で食してくださいね。

 

 

 

 

 

ホルモンの種類◆

 

 

コプチャン(小腸)

ホルモンの代表的なメニューとして知られています。

価格もホルモンの中では比較的リーズナブルで、筒状のまま食べるのが特徴です。

いろいろな野菜と共に食べることが多く、ホルモンの油が沁みこんだ野菜も旨みがあって美味しいですよ!

 

カン(レバー)

肝臓の「肝」=「カン」です。

ビタミンA、ビタミンB群、鉄分、葉酸などが多い食べ物として知られており、鉄分補給に効果的な部位です。

 

(カン、チョンオプ)レバー刺し、センマイ刺し

レバー刺し、センマイ刺し、ユッケなど生肉の専門店や、ホルモンを提供するお店で提供されることも多い部位です。一般的な焼肉店ではあまり提供されないというのが日本と違う店です。

生モノなので、特にお店選びを慎重にすることが必要です。

 

テッチャン(大腸)

コプチャンより一回り大きなテッチャン。焼いて行くとどんどん小さくなります。

柔らかくて脂身があるのでジューシーでぷりぷりとした食感が人気です。

コプチャンより少し価格帯が上がるのが特徴です。

カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

ホルモンのタグ

記事最終修正日時
2015.06.02 17:19

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ