ユートラベルノート 韓国 韓国

韓国

地域変更
以前 もっと見る
詳細 クチコミ
(1)
教えて ブログレビュー
(3)
···

国立扶余博物館

1945年に国立博物館扶余分館として出来た国立扶余博物館は1993年に今の形式になり、先史室、歴史室、仏教美術室、企画展示室など4つの展示室と野外遺物展示場があり、約1,000点余りの展示物を始め13,000点余りに上る資料も所蔵しています。

展示室に入ると青銅器時代の代表的なムラ遺跡と、この遺跡から出土した各種遺物、石器や土器などを見学できます。また歴史室には主に百済の歴史上、文化・芸術的に最も隆盛した時期だったと言われる泗娠時代(538~660)の遺物も展示されています。

この他にも仏教美術室には仏教美術に関連した遺物、前庭、展示室の玄関、博物館裏庭の野外石造遺物展示場でも石で作られたたくさんの遺物を見ることができます。

百済と倭国の関係は強かった、唐と同盟した新羅と韓半島の覇権をかけて共に戦った友好国である。従って飛鳥・白鳳時代の遺跡には百済と関連が強く伺える遺物が多い。

楽しみ方

利用料金

 一 般(19才~64才)  個人  W1,000-
 団体(20人以上)    W700-
 青少年(7才~18才)  個人    W500-
 団体(20人以上)    W300-
 6才以下、65才以上    無料

 

基本情報
  • 国立扶余博物館の住所情報忠淸南道扶餘郡扶餘邑東南里山16-1
  • 国立扶余博物館の電話情報041-833-8562電話を掛ける
  • 国立扶余博物館の営業時間情報営業時間:9:00-18:00(土日祝9:00-19:00)
  • 国立扶余博物館の定休日情報定休日:月曜日
  • 国立扶余博物館のホームページ情報buyeo.museum.go.kr
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

国立扶余博物館のタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ