ユートラベルノート 韓国 韓国

韓国

地域変更
以前 もっと見る
韓国木造建築史において非常に重要な建物である。
詳細 クチコミ 教えて
(1)
ブログレビュー
(2)
···

修徳寺

修徳寺は山の斜面に沿って建てられたお寺。
一番奥にある大雄殿までは、いくつかの山門を抜けて登っていかなければならない。
参拝した日の3日前である5月24日(旧暦の4月8日)は、韓国では、お釈迦様の誕生日ということで祭日だが、このスドクサではイベントがあったようで、あちこちに飾り付けと横断幕が残っていた。
大雄殿は、現存する韓国最古(1308年)の木造建築物。

正確な文献記録は現存していないが、百済威徳王(554~597)の時代に創建されたといわれいえいる。釈迦・阿弥陀・薬師三尊仏を祀ったこの大雄殿は、1937年の修理工事の際、発見された墨書の内容から見て、1308年(忠烈王34)に建立されたと考えられる。

建築年代が確実であり、造形美に優れている点から、韓国木造建築史において非常に重要な建物である。

国宝第49号

基本情報
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

修徳寺のタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ