ユートラベルノート マレーシア マレーシア

クアラルンプール

地域変更
現在は最高裁判所として使用されている
詳細 クチコミ
(1)
教えて ブログレビュー
(1)
···

旧連邦事務局ビル1897年に建てられた「旧連邦事務局ビル」は、ムーア建築の影響を受けたレンガ造りの建物である。英国統治時代の政府機関の庁舎で、最高裁判所として現在は使用されている。設計は英国人建築家によるもの。サーモンピンクで優美な雰囲気が印象的である。ドーム屋根の時計台は41mの高さを誇り、英国の統治時代の面影を残す史跡として現存する。残念ながら内部見学はできないが、その外見だけでも十分に見る価値があるだろう。建物内には織物ハクブツカンがあり、伝統工芸品でもあるマレーシア織物が数多く展示されている。

夜にはライトアップされ、デートスポットとしても人気があるのだとか。エレガントな雰囲気に浸ってみてはいかが?

基本情報
  • 旧連邦事務局ビルの日本語情報日本語:不可
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

旧連邦事務局ビルのタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ