ユートラベルノート フィリピン フィリピン

マニラ首都圏

地域変更
以前 もっと見る
マニラ市の副市長イスコ・モレノの人生は『成功』と『勝利』人
詳細 クチコミ 教えて ブログレビュー
(1)
···

イスコ・モレノ

彼は、私達に貧乏と剥奪が成功への障害物ではない事を教えてくれる。彼は、トンドの不況地域で1974年10月24日に誕生して、最も恵まれない殆ど見捨てられた都市の一部で若い人生をスタートした。母親の名は、ホアキン(Joaquin)、父親の名は、ロサリオ・ドゥマゴソ(RosarioDomagoso)と言い、唯一の子供が彼だった。父親は、マニラの北港で荷役人夫として働いていたが、その生活はとでも貧しいものだった。貧乏のため、彼は、おもちゃ、新しい靴、および衣服と、普通の子供が望む喜びや贅沢は、彼にはほど遠い物だった。彼は、家族を護るために、早くから社会や経済と立ち向かう。彼は、4年生の時から小学校を卒業するまで、古新聞、プラスチック、カートンボックス(段ボール箱)、ペットボトルや空き缶と、再利用ができるがらくたを集めては販売して、家族の生活費を手伝ったそう。多くは、マニラ市トンド地区のスモーキー・マウンテンと呼ばれるゴミ捨て山が彼の仕事場だった。この時期の彼の収入は、1日80円程度。彼は、教育を受けるために、トンド高校へ通うが、芽を出し始めるティーンエイジャーの時期に彼は、ぺディ・キャブという、人を運ぶサイドカー付きの自転車を漕いで生活を支えた。この頃で、1日の収入が100円程度。高校生の時も、彼は細々と生計を立てる為に忙しかったので、思春期の子供を成長させるパーティや遠出やスポーツなどを楽しむことが出来ず、10代を過ごした。高校卒業と同時に、推薦入学で船舶エンジニアリングとして、ドルを稼ぎ貧乏から脱する事を目指して、海上大学に入学。1992年、海上協会【PMI】(PhilippineMaritimeInstitute)で登録されると、彼の運命が急激に変わる。トンドのゴミ山で、スターメーカーの「ウォウィー・ロハス」(WowieRoxas)がこの威勢がいい若者を見つけた。ジェルマン・モレノ(GermanMoreno)のバラエティショーに出演してから、煌めく魅力的な若者は、スクリーン名『イスコ・モレノ』と賛辞された。銀幕の栄光にも関らず、イスコ・モレノは決して夢の目標を失わなかった。1998年に、彼が育ったトンド地区の悲しい状態を緩和させるべく、彼は政治に生きる事を望んだ。若く新しい政治家であるにもかかわらず、評議員に選ばれてたくさんの政治評論家を驚かせた。2001年には、彼はマニラ6区のどの評議員よりも多い票を得て再選され、3期の評議員を常に1位で当選し続けた。彼は、貧しいものに権利が無い、真実と正義の無い基本政策に憤りを感じ、人々に奉仕することを誓約した事を貫こうとして、政治的な成功にも拘らず悩み、そして求め続けた。前のマニラ副市長の、ダニー・ラクナ(DannyLacuna)の助けを通じて、市議会と彼の公務イニシアチブによって要求された重い作業負担にも関らず、彼は、僅かな休息時間を国際労働者同盟経営学会と経済学を学んだ。そして、彼は行政学の大学、フィリピン大学のNCLRGでローカルな立法と財政のコースをも学んだ。彼が一番心を痛めていたことは、特に、貧しいものたちの医学と健康のこと。副市長は、色白の、ホントよか男。しかも凄いパワーを感じる。まるで、そのまま大統領になれそうな勢いです。

イスコ・モレノの伝記

1.貧乏をあなたの夢の実現への障害にしないで下さい。

Don’tletpovertybeahindrancetothefulfillmentofyourdreams.

2.教育をあなたの成功へのあなたのキーにしなさい。

Makeeducationyourkeytoyoursuccess

カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

イスコ・モレノのタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ