ユートラベルノート フランス フランス

パリ

地域変更
以前 もっと見る
トロケの食堂
詳細 クチコミ
(1)
教えて ブログレビュー
(1)
···

パリ、モンパルナス界隈にあるお店、ラ・カンティーヌ・ デュ・トロケ、日本語にすればトロケの食堂。バスク料理のビストロ「LeTroquet」の食堂版である。このお店、予約が取れないので早い者勝ち。午後7時開店なので早めに行けば席は取れる。パリの夕食時間はだいたい午後8時以降なのだ。

アペリティフはシャンパン。ラ・カンティーヌ・ デュ・トロケのメニューは店内にある黒板に書かれている。舌とフォアグラのミルフィーユは、舌とフォアグラが絶妙な組み合わせ。ブータン・ノアール(豚の血のソーセージ)、パリでしか食べれない一品。赤ワインが進む。「LeTroquet」の名物料理イバイオナ豚。バスクの豚で、表面がカリッと、中はジューシーな味のある豚。鯛のロティ、香ばしく表面を焼いてあり、日本人の口に合う一品。付け合わせのジャガイモが旨い。午後8時も過ぎればお客さんは一杯。デザート、バニラクリームマンゴのタルト。

ラ・カンティーヌ・ デュ・トロケはギャルソンも大変親切、そして居心地が良い。

基本情報
  • ラ・カンティーヌ・ デュ・トロケの電話情報01 43 12 19 00電話を掛ける
  • ラ・カンティーヌ・ デュ・トロケのホームページ情報legrandcafe.com‎
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

ラ・カンティーヌ・ デュ・トロケのタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ