地域変更
未成年者でも韓国ホテルに泊まれるの?気になる質問徹底解決!
詳細 カキコミ
(179)
教えて
(31)

本ページでは、ユートラベルノートのお問い合わせで最も多い質問のうちの一つ「未成年者の宿泊」について、基本的なルールや注意点、宿泊までの流れ、同意書の書き方などを詳しくご説明いたします。

また、本文に保護者の同意書テンプレートもありますので必要な方はご自由にダウンロードしてご活用ください。

Q.そもそも韓国ホテルの未成年者宿泊は違法なの?

A.未成年者保護法により、原則的に未成年の方のみでのご宿泊はできません。

未成年者のみの宿泊の場合は、親権者の同意が必要です。ただし同意書があっても、未成年のみの異性同士の宿泊は禁止されています(韓国青少年保護法第26条より)。

また、ホテルによっては同意書があっても未成年者の宿泊自体を受け入れていないところもありますので、事前に確認する必要があります。

ユートラベルノートでは個別のホテルページに記載された「PLUS情報」から未成年宿泊の可否について確認できます。ホテルが見つからない、記載がない場合はお問い合わせください。

未成年の方が韓国のホテルに宿泊する方法

  • ホテルへ未成年者宿泊可能かを確認

まずは、ご予約前に宿泊希望のホテルが未成年宿泊に対応しているかを確認する必要があります。今からホテルを予約するサイトを通してお問い合わせしましょう。弊社を通して予約される方はこちらにお問い合わせください。確認する際に保護者の同意書の必要有無についても確認しましょう。また、事前にFAXやメールでホテル側に送らなくてはならないのか、当日チェックインする際、ホテルのフロントに直接手渡しでOKなのかを確認する必要があります。事前に同意書を伝達するよう指示するホテルも多くありますので注意が必要です。

 

  • 同意書の準備

保護者の同意書を準備します。

様式は基本任意のところが多いですがホテルによっては既定の様式での作成を要請することもあります。任意の場合は、下記の同意書(PDF)を保存しましょう。

同意書の書き方は下記のサンプルをご参照ください。

 

※一部のホテルでは保護者の身分証明書コピーの事前送信を要求することも

ホテルスカイパークなど一部のホテルでは保護者の身分証明書コピーをあらかじめ送ることを要求することもあります。保護者の身分証明書は、運転免許証、パスポートなど顔写真付きのものが好ましく、上記のものが無い場合のみ、健康保険証でも代替が可能です。

 

  • 同意書の提出

※事前にホテルに伝達しなくてはならない場合

ユートラベルノートを通してホテルをご予約される方は、予約の際コメント欄に「未成年宿泊」の旨と宿泊者のご年齢をご記入の上、ご予約を完了してください。予約センターのオペレーターより、未成年宿泊に関する詳しい案内と保護者の同意書の提出先メールアドレスをお送りします。同意書の準備ができましたら、同意書をスキャンし添付したメールを提出先アドレスまでお送りください。なおスキャナーが無い方は携帯カメラなどで写真に撮ってお送りする方法も可能です。ユートラベルノート以外でホテルを予約された方は、ご利用のサイトもしくは旅行会社にお問い合わせください。

 

※チェックインの際に伝達でも可の場合

日本から同意書の原本を持参しチェックイン時にホテルのフロントに伝達してください。

よくある質問

韓国での年齢基準について

韓国では一般的に満19歳を成人とみなします。したがってホテル宿泊に関する「未成年」とは、満19歳未満を指します。19歳の誕生日を迎えられていない方は未成年となりますのでご注意ください。

 

※2019年基準で2000年以前生まれの場合(2000年生まれの場合、宿泊時に誕生日が過ぎていること)、韓国では成人に該当する為、同意書等は必要ありません。

 

同行者が成人の場合は同意書無しで宿泊可能

同行者が満20歳以上の場合は、保護者同伴とみなし、未成年者の方でも同意書や事前伝達無しで宿泊が可能です。なお、異性同士は不可、同性同士のみ宿泊が可能です。

 

同意書の表記はすべて英語で

同意書を書く際は、ホテル名、宿泊者と親権者の氏名、住所などをすべて英語で表記してください。

一部日本語での記入可のホテルもありますが、海外で提出する同意書ですのでスタッフが確認できるよう英語での記入が必要です。なお、同意書の書き方詳細は、下のサンプルを参考にしてみてください。

 

同意書は未成年宿泊人数分必要

未成年の方、数名で宿泊される場合は人数分の同意書が必要です。

同意書サンプル

-必要記入事項-

【宿泊者】※全て英語で記入する事

宿泊日、宿泊者氏名(ローマ字)、生年月日(西暦)、住所、連絡先

 

【親権者/보호자】※全て英語で記入する事

親権者氏名(ローマ字)、住所、連絡先、サイン(※ハンコがあればサインの横に印する)

 

【同意書記入に関する注意】

親権者の項目は必ず親権者が記入するようにお願いします。

※ご宿泊者の代筆は不可となります。

※親権者の同意のもとに未成年者のお客様の宿泊が許可されますので必ず親権者が記入する必要があります。

 

・同意書は全ての項目の記入が必要です。

※ホテル名、宿泊の日付等、記入漏れがないか提出前によくご確認ください。

同意書のダウンロードはこちらから

卒業旅行は韓国へ!未成年でも楽しめる韓国旅行

写真説明

備えあれば憂いなし
という言葉通り、事前に準備さえしておけば未成年の方でも十分に素敵なホテルで韓国旅行を楽しむことが出来ます!
卒業旅行などで韓国旅行を計画されている未成年の方は是非ガイドをご一読頂き、安全に旅行を楽しんでください!

カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

韓国ホテル未成年者宿泊ガイド(同意書あり)のタグ

記事最終修正日時
2019.01.23 10:06

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ