ユートラベルノート 韓国 韓国

ソウル

地域変更
以前 もっと見る
その昔、王様が食した伝統菓子作りのパフォーマンスが楽しい!
詳細 クチコミ
(6)
教えて ブログレビュー
(5)
···

クルタレ

ショーケースの中で、見事に作られる伝統菓子に目を奪われずにはいられない。クルは「蜂蜜」、タレは「糸状のものを巻きつける」と言う意味を持っている。この先はスタッフのと一緒に算数の時間が始まる。2本が4本、4本が8本、8本が16本・・・32、64、128、256・・・・細く細く引き伸ばされて、16384本の麺状に変身!最後に、あんとなるクルミ・アーモンド・ピーナッツなどを包んでクルタレの完成。細く引き伸ばされた蜂蜜がサクサクとした歯ごたえ。甘すぎず、しつこくない味なので男性でも美味しく頂ける。お土産にも、自分用にもピッタリなお菓子で、仁寺洞を始めとする、明洞内にも多数のお店がある!



役立つ情報


仁寺洞(インサソンドン)でゎ試食をさせてくれますが、明洞(ミョンドン)でゎ人がたくさんぃるのでダメらしぃ
・さらに冷凍するともっとぉいしくいただける



他情報


姉妹店が仁寺洞にあります。

仁寺洞には、似たような店が数店あります。何回か韓国に行く人は比べてみてもよいかもしれません。

オススメメニュー

クルタレ(10個で5,000w)

カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

クルタレ(明洞店)のタグ

記事最終修正日時
2015.06.02 18:32

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ