ユートラベルノート 韓国 韓国

ソウル

地域変更
以前 もっと見る
日本語は通じないものの、日本語メニューがあるので安心
詳細 クチコミ
(1)
教えて ブログレビュー
(3)
···

2009年現在、「明洞キムパッ」はこの場所になくなり、「明洞中央薬局」と言う薬局店に変わってます。

 

女性ふたりで切り盛りしていましたが、店内は満席で大繁盛。日本語は。まったく通じませんが、日本語メニューがあるので大丈夫でした。キンパプ(韓国風海苔巻き)注文してから店頭で巻き巻きしてくれる作り立てのキンパプです。日本の巻寿しとは全然違うもので、酢飯ではありません。具もまた一味違うのですが、作りたてのキンパッは美味しかったな♪
キムチラーメンは少し夫からもらいましたが、最初の一口は美味しいと思ったものの、
後からすぐに辛くなりました(苦笑)。食べた後でお会計。これでラーメンとキンパプで5000ウォンでした。
 明日の朝食用に巻寿司(キンパッ)を買うことにしました。ちょうど明洞参鳥湯の横にあるお店で買いました。2500Wでした。味はまあまあ、たくあん付です。
新世界百貨店からすぐの角を曲がるとほとんどのお店、露店が閉まっている中、そのおばちゃんは朝から巻寿司や温かい飲み物などを売っていました。見ていると出勤途中のOLと思われる女性たちがアルミホイルに包まれたおばちゃん特製の巻寿司をどんどん買っていきます。中には5~6本まとめ買いする人もいます。これを見て買わないわけには行きません。お寿司は温かいまま(巻寿司オンドルですね)でした。
これを空港行きのバスの中でいただきました。美味しかったです。初めて食べる韓国の巻寿司でしたが大当たりでした。しかも1本1000Wです。

ミョンドンキンパッ・・・このお店は、結構有名。。。多くあるキンパッ屋さんでも「美味しい」と評判のお店だった。「ポジャンヘジュセヨ」 (包んでください)
とテイクアウトしたい旨を伝える。目の前でオモニが作ってくれるのを見て・・・「マシケッタ~」 (美味しそう~♪)と私が言うと、オモニは、「マシッソ! 」 (美味しいよ!)と、軽快に答えてくれた。
 

カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

明洞キンパプのタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ