地域変更
以前 もっと見る
大韓民国指定宝物第1号に指定された興仁之門
詳細 クチコミ
(6)
教えて ブログレビュー
(12)
···

東大門の正式な名前は、「興仁之門」。1398年に城郭都市ソウルの東西南北の入口の一つとして建設され、李朝末期の1869年に改築されました。もう一つの現存する門である南大門と同様に、門の回りには市場や屋台、露天、そして最近ではショッピングモールが建ち並んでいます。鐘路5街(チョンノオガ)、日本風に言えば鐘路5丁目といった感じの場を経て、10分ほどで東大門(トンデムン)に到着です。この東大門の特徴は、門の外側に半円状の外壁があることで(「甕城」というそう)、門の正面には、正式名の「興仁之門」の額がかかっていて、門を取り囲むようにロータリー状の交差点になっている。街自体はm昔からの市場があるところなので、川沿いのショッピングモールを除けばちょっと古びた感じもするのですが、それでもこの門、とりわけ石造りの外壁には、突然地下から現れた遺跡のような不思議な質感があり、夜はライトアップされています。

 

 

役立つ情報

 

2012年1月現在、東大門の工事をしています。

 

前は東大門の回りがロータリーになっていましたが、歩道がつき、東大門側の端から総合市場側に

信号もついたので、以前みたいに地下道を通らなくても、このあたりを移動できるようになったので

便利になりました。

 

 

東大門の近くは東大門市場として、ショッピング街がひろがっていますので、お土産や日用品の買い物に便利です。

 

 

基本情報
  • 興仁之門(東大門)の住所情報ソウル市 鐘路区(チョンノグ) 鐘路6街(チョンノユッカ) 69
  • 興仁之門(東大門)の営業時間情報営業時間:24hr
  • 興仁之門(東大門)の定休日情報定休日:無休
  • 興仁之門(東大門)の日本語情報日本語:不可
  • 興仁之門(東大門)のカード情報カード:可
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

興仁之門(東大門)のタグ

記事最終修正日時
2015.05.14 16:12

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ