地域変更
以前 もっと見る
サムソンの韓国最大の美術館
詳細 クチコミ
(7)
教えて ブログレビュー
(14)
···

旅のメイン、サムソン美術館はコールハース、ボッタ、ヌーベルと、巨大な蜘蛛はご存知ルイーズ・ブルジョア(2010年5月31日、98歳でお亡くなりなりました)の作品。日本の六本木ヒルズなどにも作品があり、有名で、実際は想像以上に敷地が狭いとか。まずは、コールハース担当の児童教育文化センター。巨大蜘蛛の庭園と、その下の駐車場エントランスホール(ボッタ担当)へと続くアプローチ、オフィス・教育施設・企画展示室などがコールハースの建物に含まれる。個性の強いほかの建物と直接接するのではなく、ある程度の距離を保とうとしている。コールハースについて、こういった小技?を使うイメージがなく、どちらかというと、異質なものどうしをあえて衝突させて、新たなものを生み出すイメージ。屋内はそのイメージどうりのことをやってくれているが、残念ながら撮影不可。マリオ・ボッタ棟の外観はともかく、インテリアはカッコイイ。!美術館の中心である、エントランスホールは、天井に穴が開いてるところがある。また、吹き抜けになっていて、その周りを階段で降りていく。非常に清潔感がある。リ建物の構成は、同設計者のケ・ブランリーと似た要素があり、こっちはちょっと地味。展示作品も、いいのがたくさんあり、イヴ・クライン、ロスコ、ウォーホル、ナムジュンパイク、村上隆、奈良美智さん等々。中でも、ダミアン・ハーストがかっこよすぎ、森美術館でやる、ターナー賞の企画展もあるとか。総合的に、こちら非常にお金をかけてるぞ系の美術館。他の美術館に比べてモダンで高級感が漂っていて、お値段も他の美術館の何倍もする。六本木ヒルズにも展示してあるルイーズ・ブルジョアのママンが入り口でお出迎えしてくれるので、すぐにわかるはず!常展と現代美術の展示で建物が別で、常展はサムスンが集めた所蔵品(韓国伝統古美術)がたくさんある。企画展はインスタレーションで、これまた箱が良いので作品がとても映え、サムスンってすごい。

楽しみ方

 

入場料
区分 7~18歳 19歳以上
入場料  6,000ウォン 10,000ウォン


コース紹介


MUSEUM 1(古美術館)
4階 青磁
3階 粉青沙器、白磁
2階 古書画
1階 仏教美術、金属工芸

 

MUSEUM 2(現代美術館)
2階 韓国近現代美術
1階 海外近現代美術
地下1階 国際現代美術
基本情報
  • 三星美術館Leeumの住所情報ソウル市 竜山区(ヨンサング) 漢南洞(ハンナムドン)747-18
  • 三星美術館Leeumの電話情報02-2014-6901(予約受付時間/火-土 09:00-18:00)電話を掛ける
  • 三星美術館Leeumの営業時間情報営業時間:10:30-18:00
  • 三星美術館Leeumの定休日情報定休日:毎週月曜日、旧正月、秋夕
  • 三星美術館Leeumの日本語情報日本語:可
  • 三星美術館Leeumのホームページ情報www.leeum.org
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

三星美術館Leeumのタグ

記事最終修正日時
2014.03.24 09:09

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ