地域変更
以前 もっと見る
韓国の歴史を知ろう
詳細 クチコミ
(7)
教えて ブログレビュー
(11)
···

 

地下鉄4号線の「三角地」駅を降り12番出口を出ると、とても大きな建物が目に入ってくる。ここは、韓国が過去に戦った戦争の歴史を紹介している「戦争記念館」で、主に朝鮮戦争をメインにいろいろなものが展示してある。 また、記念館の周りには、韓国軍の装備のみならず、朝鮮戦争時に北朝鮮が残していった戦車や旧ソ連製の兵器がこれでもかといわんばかりに展示してある。ただ、ここは天安にある独立記念館と違って、反日色はあまりないので、日本人が客観的に朝鮮戦争を知る上では非常に有意義な所だと思う。おもしろいことに、秀吉が韓国に侵略したときに海上で秀吉軍を撃退した李舜臣の亀甲船の模型が所狭しと展示してある。戦争記念館は、文字通り、古代から現代まで朝鮮半島で起きた全ての戦争に関する資料を保存しているところ。スペースで見ると、朝鮮戦争関係の展示物が最も多い。現在の韓国の陸海空軍の紹介や、海外派遣軍などに関するデータもあった。今回初めて知ったのは、イラクだけでなく、他にも、今韓国軍が派遣されている国がある、ということ。明日息子を軍に送る立場としては、ちょっと考えさせられた。戦争記念館には、日本関係のものは、あまり見られない。日本が韓国を植民地化していった過程での、またその後の「日帝時代」での、抗日運動や独立運動関係の資料や展示物は、天安(チョナン)にある独立記念館におさめられている。今回rosilさんはここも見て来られたとのこと。今日8月15日。日本は終戦記念日。韓国は光復節。幼い頃、軍隊にとられてシベリアで捕虜生活までしたことがある父に、「もし、もう一度戦争が起こったら、お父さんどうするの?」と、聞いてみたことがある。「誰も住んでいない、山の中に逃げ込んで、絶対に出て来ないそれしかないよ」今でもこのことばを思い出す。日本で行われた世論調査によると、先回の戦争は「やむをえなかった」と答えた人が29%だったという。正直、この数字の高さに、驚いている。また、「戦争責任に対する議論が不十分だった」と答えた人も70%以上になるらしい。これは、心強い。今日からでもいい。我々日本人一人一人が、戦争はなぜ起きるのか、平和とは何なのかについて、真剣に考えて行きたいものだと思う。

休館日で中には、あいにく入れないが、広い公園のような敷地内には実際に使われていた戦車や飛行機などがたくさん展示されている。初めて見る本物のミサイルの大きさにビックリする方も少なくないだず。そして20世紀になった今でも、いまだに世界のどこかで争っている人達がいる。この事実・・・あらためて平和を願う思う、そんな場所だ。
 

 

 

役立つ情報

 

毎週金曜日14時から戦争記念館の前で国軍儀仗隊のミリタリーパフォーマンスや昔(李氏朝鮮時代)の服装をした兵士達の剣や槍を使った組み手などを見る事が出来ます(近くで見れるから迫力有り)

周りには、観覧席も用意して在り最後には儀仗隊の方と並んで記念撮影も出来ますので、おススメです。

このイベントは無料です。

画像を入れたかったんですが、デジカメのバッテリーが切れてしましました(泣)

再度、韓国へ行く予定なので年内中には画像をUPしますね!暫しお待ち下さい。

 

 

 

 

 

 

他情報

 

イベントなどをやっている時があるので、事前に調べると良いです。

 

 

楽しみ方

料金案内:大人3,000ウォン、小中高生2,000ウォン、小人1,000ウォン (屋外展示場は無料)



コース紹介


フロア案内
3階 海外派兵室、韓国軍発展室、朝鮮戦争室
2階 護国追悼室、大型・防衛産業装備展示室、韓国軍発展室、朝鮮戦争室
1階 戦争歴史室

基本情報
  • 戦争記念館の住所情報ソウル市 龍山区(ヨンサング) 龍山洞1街(ヨンサンドンイルガ) 8
  • 戦争記念館の電話情報02-709-3139電話を掛ける
  • 戦争記念館の営業時間情報営業時間:9:30-18:00 (入場は17:00まで)
  • 戦争記念館の定休日情報定休日:月曜日
  • 戦争記念館の日本語情報日本語:不可
  • 戦争記念館のホームページ情報www.warmemo.co.kr
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

戦争記念館のタグ

記事最終修正日時
2014.12.11 11:46

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ