スペイン

地域変更
詳細 カキコミ 写真・動画

■スペインの結婚式

スペインの結婚式は、裁判所または市役所で婚姻届の提出のみをする『民事婚』と、カトリック教会で神の前で結婚の契りを交わす『教会婚』の2種類がある。

 

*教会婚

1.手続き

・カップルが同一教区内に住み、その教区教会(Parroquia)で式を挙げる場合は、2人で一緒に主任司祭(Pa’rroco)に
・挙式希望日時を通知して許可を受ける。別の教区の場合は各々の主任司祭にその旨届ける必要がある。
・挙式予定教会で司祭による講習会を証人2名と共に受ける。
・教会の掲示板で婚姻の公表(amonestaciones)を行う。
・挙式当日に両者と証人のサインで婚姻は正式発効。
・家族手帳(Libro de familia)は後日に登記所(Registro Civil)で受け取る。

2.必要書類
・身分証明書(Pasaporte,DNI、Permiso de residencia)
・洗礼証明書(Partida de bautismo)
・戸籍謄本(出生証明)、家族手帳(Libro de familia スペイン人の場合)
・講習会受講証明書
 

*民事婚

必要書類
・身分証明書(Pasaporte、DNI,Permiso de residencia)
・戸籍謄本(出生証明)
・独身証明(具備証明)
・居住証明(Certificado de Empadronamiento)

 

■結婚式当日の流れ(教会婚)

教会にて結婚式

教会の外で挨拶、ライスシャワー、記念撮影

レストランなどに移動し、お祭りの様な披露宴

・料理はフルコース

・ブーケトス、ガータートス

・ケーキカット

・ダンスタイム

など・・・

*結婚式は夕方や夜から始まることが多く、披露宴の終了時間は翌日午前3時ごろになることも多い!

 

■結婚式の贈り物

カタログから選ぶタイプ 友達
現金 友達、年上、親戚、近所の人へ

 

 

 

■スペインのお葬式

カトリックの国スペインは、土葬がほとんどで、最近では火葬する人もいるがまだまだ少なく、全体の10%ほど。
喪服はなく、地味目の普段着なら問題ない。

日本のお通夜にあたる儀式が市営の葬儀場で行われ、友人や親族が参列する。

お香典はなく、葬儀場では参列者に食事などは出ない。
 

カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

スペインの冠婚葬祭のタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ