ユートラベルノート 台湾 台湾

台湾

地域変更
以前 もっと見る
政府が管理している媽祖廟
詳細 クチコミ 教えて ブログレビュー
(1)
···

清朝によって建てられた媽祖廟「新祖宮」。媽祖は、航海と漁業の守護神で、道教の女神さま。実在だった人物だそうでう、小さいころから、頭がとてもよく、10歳で朝晩念仏を唱え、16歳で神の教えを授かったそう。その神力で海の災いや悪を胎児したそう。

天后宮の向かい側に位置する。門を入ったら長い路を歩き、正殿にたどりつく。ここが天后宮と違うのは、政府が管理してるというところ。ここにももちろん寄付した人用の小部屋があった。ここの千里眼と順風耳が他の所と違うのは、政府が管理してるから官房と官靴を履いてるというところだそう。緑が千里眼で赤が順風耳。

楽しみ方

・入場料無料

基本情報
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

新祖宮のタグ

記事最終修正日時
2013.03.07 07:58

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

トップへ