韓国

地域変更
以前 もっと見る
詳細 クチコミ 教えて 写真・動画 ···
予約する コース紹介
  • 安心簡単!ITX青春列車チケットを事前予約して春川日帰りの旅
  • 春川に到着したら外国人専用観光タクシーで3時間自由観光

「ドリームツアー青春」は、KORAILと江原道(カンウォンド)、春川(チュンチョン)市が共同開発し、京春線ITX青春列車春川に行き、外国人専用観光タクシーに乗って観光できるよう連携の交通を提供する外国人向けパッケージです。

春川に行ってみたいけど、個人で列車チケットを購入して観光地を巡るのは難しく、他の観光客と一緒の団体ツアーでは色々と制限があるから断念する方もいるのではないでしょうか。そんな方々におすすめなのが、こちらの「ドリームツアー青春」パッケージです。

「ドリームツアー青春」パッケージを利用すれば、春川までのITX往復チケットと、春川に到着してからの移動手段として観光タクシーがセットになっているので、日帰りで気軽に春川まで足を運ぶことができます。また、観光タクシーを3時間利用できるので、事前に行きたい場所をリストアップしてオリジナルの観光プランを立てられます。

 

「ドリームツアー青春」パッケージ内容

 
利用期間 2019年7月22日~2019年12月31日(チュソク期間9月12日~9月15日は除外)
対象 外国人観光客
パッケージ内容 ITX青春列車 龍山駅⇔春川駅⇔観光タクシー
含まれるもの

①ITX青春列車往復チケット(龍山駅⇔春川駅)

②観光タクシー (春川駅から春川市内を利用できる3時間自由観光タクシー)

含まれないもの 食事、ガイド、旅行者保険、各観光地入場料

ITX青春列車 利用案内(龍山駅⇔春川駅)

平日(月~金)
行き♯2007(龍山駅08:52発→春川駅10:10着)
帰り ♯2038(春川駅18:13発→龍山駅19:31着)
※乗り遅れのないよう、時間に余裕を持ってご乗車ください。
 
週末(土、日、公休日)
行き♯2007(龍山駅08:20発→春川駅09:38着)
帰り ♯2048(春川駅19:34発→龍山駅20:55着)
※乗り遅れのないよう、時間に余裕を持ってご乗車ください。

■行き ITX青春列車 乗車方法(龍山駅→春川駅)

各自で龍山駅に行きます。

 

 

列車の改札口があります。

予約確認書の座席番号をご提示ください。

改札口はQRコードなし、自動販売機乗車券と書かれた改札口から中に入ります。

 

 

右の矢印方向に進み、エスカレーターで1番ホームに進みます。

※1番ホームがITX青春 春川行きです。

 

 

出発時間を確認して、列車に乗ります。

予約確認書に記載の座席番号に座ります。

 

平日(月~金) ♯2007(龍山駅08:52発→春川駅10:10着)
週末(土、日、公休日) ♯2007(龍山駅08:20発→春川駅09:38着)
※乗り遅れのないよう、時間に余裕を持ってご乗車ください。

■帰り ITX青春列車 乗車方法(春川駅→龍山駅)

春川観光を終え、各自で春川駅へ行きます。

予約確認書の座席番号を提示して改札を通ります。

 

 

矢印方向に進み、エスカレーターで3番ホームに進みます。

※3番ホームがITX青春 龍山行きです。

出発時間を確認して、列車に乗ります。

予約確認書に記載の座席番号に座ります。

 

平日(月~金) ♯2038(春川駅18:13発→龍山駅19:31着)
週末(土、日、公休日) ♯2048(春川駅19:34発→龍山駅20:55着)
※乗り遅れのないよう、時間に余裕を持ってご乗車ください。

観光タクシー 利用案内(春川駅⇔観光タクシー)

①春川駅1番出口にある観光案内所(033-250-3896)で予約確認書とパスポートを提示後、

希望する観光地を選択、タクシー申請書作成。

※基本観光地3ヵ所中1ヵ所は必須選択

※ツアー参加前に観光したいスポットを事前に決め、観光案内所でご選択いただくとスムーズです。

②観光案内所で待機後、タクシーで移動しながら3時間自由観光。

-3時間自由に観光いただけます。

-3時間を超えた場合、追加料金でご利用可能です。(1時間/1万ウォン)

-タクシー利用可能時間は09:00~17:30

-タクシーは住所上「春川市」と書かれている区間まで利用可能です。 南怡島(ナミソム)は利用不可
-タクシー運転手は韓国語のみ可能で観光案内はできません。
-タクシー1台で4名様までご乗車可能です。

春川 基本観光地(3ヵ所中1ヵ所は必須選択)

基本観光地3ヵ所中1ヵ所は必ずお選びいただくようになります。

①昭陽江(ソヤンガン)スカイウォーク

全体長さ174mであり、底が透明ガラスからなる区間が156mの韓国最長のスカイウォーク施設。 昭陽江スカイウォークは春川のランドマークで、チャン・グンソクが主役を演じた韓国ドラマ「スイッチ」の人気ロケ地。

 
-TEL 033-240-1695
-営業時間 10: 00~20:30 (冬期10:00~17:30)
-休業日 雨天時休業

 

 

 

②中央市場&ユクリム峠

韓流ドラマの人気で観光客が多く訪れる場所のうちの一つ。中央市場と隣接しているユクリム峠は、さまざまな個性を有する商店が集まっており、春川の新しい観光地として注目されている。
 
-TEL 033-254-2558
-休業日 毎週月曜日休業
 
 
 

③風物市場

毎月定期市の日である2日、7日、12日、22日、27日に開かれ、市の日でない日にも多くの人々が訪れる代表的な春川の伝統市場。

 

 

-TEL 033-253-5814

 

 

春川 その他のおすすめ観光地

◆玉鉱山(Jade mine)

韓国で一つしかない玉鉱山は、世界唯一のネフライト鉱山としても有名。
玉洞窟体験だけでなく周辺に美術館もあって観光客が多く訪れている。
 
-TEL 033-241-0020
-営業時間 09:00~19:00
-休業日 年中無休
 
春川の代表的な名所であり、春川の自然を全身で感じることができる場所。 トンネルごとにテーマがあり、見る面白味もあり、すぐとなりの北漢江の絶景も満喫することができる。
 
-TEL 033-245-1000
-営業時間 09:00~17:30
 

◆ジェードガーデン

「森の中で出会う小さなヨーロッパ」をモットーにしたジェードガーデンは24のテーマで造られている。
その冬、風が吹く」など多数のドラマを撮影した場所でもある。
 
-TEL 033-260-8300
-休業日 年中無休
 
 

◆アニメーション博物館&トイロボット館

韓国初のアニメーション博物館で、韓国だけでなく全世界のアニメーションの現在を見ることができる。
また、すぐとなりのトイロボット館では、ロボットに関連した体験を楽しめる。
 
-TEL 033-245-6470, 6411
-営業時間 10:00~18:00
-休業日 毎週月曜日、1月1日休業
 

◆ムルレキル

エコツアーリズムの代表的観光であるムルレキルは、衣岩湖と昭陽湖の水路を直接カヌーを漕いで体験することができる。
 
-TEL 070-4150-9463
-営業時間 09:00~18:00
-休業日 毎週火曜日休業

予約から利用までの流れ

(1)予約申請
ユートラベルノートのサイトで予約申請します。
 
(2)チケットの手配
オペレーターが申請頂いた日時の空席を確認し、予約を処理致します。
 
(3)予約の確定
予約の確定後、ユートラベルノートからお客様に「予約済み/決済お願いメール」をお送りします。
 
(4)決済
決済期日までにご決済をお願いいたします。
 
(5)予約の完了
決済完了後、ユートラベルノートからお客様に「予約完了」のメールをお送りします。
 
(6)予約確認書の印刷

予約完了後、ITXの座席番号の記載がされた予約確認書を印刷ください。

※印刷が難しい場合には、モバイル画面から予約確認書画面をご提示ください。

 

(7)ご利用

・ご利用日、直接龍山駅で座席番号の記載のある予約確認書をご提示の上、ITXへご乗車ください。

・春川に到着後、春川駅1番出口にある観光案内所へ行き、予約確認書とパスポートをご提示ください。

・3時間観光タクシーを利用して思い思いの旅をお楽しみください。

・春川駅で座席番号の記載のある予約確認書をご提示の上、ITXへご乗車ください。

・龍山駅到着 ホテルまでお気をつけてお帰りください。

 

注意事項

-チュソク期間(2019年9月12日~15日)はご利用いただけません。
-8/15、10/3、10/9、12/25は韓国公休日です。
-利用日当日は必ず予約確認書パスポートをお持ちください。
-各自でITX青春列車へご乗車ください。
-乗り遅れによる払い戻し、日程変更はできません。
-食事、ガイド、旅行者保険、各観光地入場料は含まれていません。
-観光タクシーは3時間を超過した場合、追加料金が発生いたします。
-タクシー運転手は韓国語のみ可能で、観光案内等はできません。
-観光タクシーは春川市内のみ可能で、南怡島(ナミソム)は利用不可です。
カカオトークで送る LINEで送る facebookで共有 ツイートに登録

ドリームツアー青春 / ITX青春列車チケット&観光タクシー予約のタグ

記事最終修正日時
2019.07.31 11:13

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

トップへ

{/literal}